無料で課金アイテムをGETする裏技はコチラ

無料でオーブを増やしました。

オーブ無料でゲット!

>>オーブを無料で入手する裏ワザ

し、知らん!?って方はこちらチェック!

モンストで売る亀、使う亀などの種類の見分け方

 

スポンサーリンク

モンストですが、通常のモンスターよりも合成したときの経験値が異常に多いモンスターや売却したときに異常に高く売れるモンスターがいます。これをミスすると結構もったいないので見分け方をご紹介します。

モンストで売る亀、使う亀などの種類の見分け方

モンストですが、合成素材として非常に貴重になってくるのが・・・亀の形をしたモンスター達です。

通常のモンスターに比べ何十倍、何百倍と経験値効率が良かったり、売却額が良くなりますので、間違うと結構もったいないです。。。

ただ、亀モンスターっていっても意外と種類が多く、最初はどれがどれなのか見分けが難しいので、ここで違いなどをご紹介します。

亀モンスターの見分け方

亀モンスターの見分け方ですが、主に2つありますので、1つ1つご紹介していきます。

まずは早速問題ですが、下記2の亀モンスター、どっちが経験値カメでどっちが売却カメかわかりますか?

主に売却用のカメモンスター

主に売却用のカメモンスター

主に経験値用のカメモンスター

主に経験値用のカメモンスター

それぞれの違いは名前

それぞれの違いは名前

まず、それぞれの違いですが、経験値用と売却用を判断する場合、モンスターの名前を見ると見分けがつきます。

■経験値用のモンスターは「○○○ケンチー」となります。

主な種類としては、コケンチー、ドケンチー、マンケンチー、オクケンチ-です。

■売却用のモンスターは「○○○ゼニー」となります。

主な種類としては、コゼニー、ドゼニー、マンゼニーです。

 

顔の色で判断する

顔の色で判断する

次の見分け方ですが、顔の色です。

売却用の亀ゼニーモンスターは、顔色が金、銀しているのに対して、経験値用のケンチーは緑色です。(たまに青いのもいます。)

まずは、金色か緑色かで判断できますので、最終的に名前を確認するとミスする心配はなくなります。

まとめ

どうでしたでしょうか?

この2点を確認すれば、経験値用、売却用は判断できると思います。

また、売却用のゼニー系ですが、中盤以降「もうお金いらないし・・・」ってなることもありますが、その場合は素材としても使えます。

当然ケンチーよりは低いですが、一般の星1や星2のモンスターに比べ経験値効率は良いので、お金がいらない場合は、ブルジョアっぽく合成してしまうのが有効です。

スポンサーリンク

もう常識!?オーブを無料で増やすマル秘テクニック

無料でオーブを増やしました。

オーブ無料でゲット!

>>オーブを無料で入手する裏ワザ

し、知らん!?って方はこちらチェック!